読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひきこもり女子いろいろえっち

20代ひきこもり系非正規女子のつまんないぼやき。とてもダメな人が書いてます。

悩みについての悩み

寝れなくて 頭がいたいー いやんなる 黒い自分って 自分の弱さ

 

なんか最近、疲れてるのにちゃんと熟睡できない。

部屋の中、やっと涼しくなったのに。

 

寝酒がいーかも、って、寝る前にカシスソーダ飲んだら、気分悪くなって起きた。

ちいさいグラスに一杯しかしか飲んでないのにー。

レモンもいれたのにー。

 

仕事の愚痴、ブログに軽く書けないぐらい、黒い愚痴しか出てこない。

私の中のお母さんのDNAが風邪ひいてて、お父さんのDNAが元気もりもりな感じ。

 

すっごいテキトーに生きたくなる。

すっごい無責任になりたくなる。

 

「今日も仕事行きたくないなー」

って思ったら、

「行きたくなーい、行きたくなーい、行きたくなーい」

ってベッドの上ごろごろまわって、それから弟のアイス食べてやりたくなった。

 

宝くじが当たったら、私は豪遊なんてしない。

今のお給料ぐらいの生活費で、じわじわ老後まで持たせる。

お金つかわなくてもヘーキだし。

一生ひきこもりでいいなら、服もそんなに買わなくていーし。

 

ブックオフと図書館とツタヤがあれば、お金かけなくても退屈しないし。

住むところは脱法ハウスみたいな狭いとこでもヘーキだし。

ごろごろしてるだけだから。

 

それぐらいの生活しか望まないのに、たったそれだけの生活費を自分で稼ぐとすごい働かなくちゃダメになる。

 

友達が仕事探してて、やっと雇ってくれたっていうのが工場の仕事だった。

非正規で時給安いし、仕事少ない時期はフルタイムじゃないから、まともな生活はできないって。

でも、朝行って夕方までで、ずっとシールの目視検査するんだって。

どんな検査かって、ずっと製品に貼られたシールを見ていくだけなんだって。

 

「楽しそー」

って言ったの、友達の中で私だけだった。

みんな、

「えー、そんな仕事ムリー」

って言ってた。

 

楽しいじゃん。

シール見てるだけでお金もらえるんだから。

 

フライヤーのすごい重いの持ち上げて、すごい熱い油落として、すごいぴかぴかに洗わなくていーんだから。

 

折りコンが身長より高く積まれてて、その中にガムとかミンティアとかポケットチョコとかちいさいお菓子がぎっしり詰まってて、それをひとつひとつ検品したり棚に並べたりしなくていーんだから。

 

2リットルペットの段ボールを片手で運んで、ぜんぜん開かない封を爪折りながら開けて、ダンベルみたいに重たいペットボトル持って棚にぱたぱた入れてかなくていーんだから。

 

からあげあげたり、おでんの面倒みたり、肉まんの補充したり、時間廃棄したり、外ゴミ捨てたり、そのあいだにレジして、すっごいわけわかんないおじさんのクレームににこにこ返事したり、ファックスやってーっていうおじさんに「それセルフですけど」なんて睨み返さないで「はーい」ってにこにこやってあげたり、「金がおろせないだろ」って怒るおじさんに「ATMはうちの管理じゃないですよ!」なんて怒鳴り返さないで「それはお困りですねー。横にある電話で直接お話ししてみてくださいー」ってやさしく説明したり、「便座の上にウンコ!」っていう叫びにゴミ袋かぶってかけつけたり、お尻触ってくるおじさんに「痔が痛いからやめてくださーい」って女捨てておねがいしたり、「あれなんとかしろー」って小バエに発狂してるブルータスをムシしたり、そーいうのぜーんぶやらなくていーんだから。

 

ただシール見てるだけ。

それで時給もらえるんだって。

 

ほかの人たちみんなおばさんばっかだけど、おばさんたちだけで勝手にしゃべってて若い子はムシされてるんだって。

お昼ゴハンも誘われないから、ひとりで食べてるんだって。

 

すっごい天国。

 

友達は職場でしゃべる人がいないのつまんない、って言ってたけど、しゃべらなくていー職場って、私にはすっごい天国。

おばさんからムシされてて黙々と仕事だけしてればいー、って職場、すっごいサイコー。

 

私もその仕事やりたい。

ハロワ行って、そーいう仕事、紹介してもらおーかなー、ってホンキで思った。

 

自分の知らない仕事っていろいろありすぎる。

だれともしゃべらなくていー仕事したい。

 

なんで私、今のところ、やめないんだろー。

自分がやめない理由がわかんない。

 

でも、やめてないから、なんか理由が自分の中にあるんだと思う。

その理由がわからないと、気持ち悪い。

 

それが今の悩み。

寝れないぐらいの悩みになってるから、私にとってすごい悩みなんだと思う。

 

悩みのないよーがわからない、っていう悩み。