読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひきこもり女子いろいろえっち

20代ひきこもり系非正規女子のつまんないぼやき。とてもダメな人が書いてます。

女子4人でTDS♡

夕空に あがる飛行機 北へ飛ぶ あれに乗って 私も消えたい

 

 

(※ぜんぜんつまんない話がすっごいだらだら長いので、時間をムダにする記事になってます)

 

 

今回のシフトは、1日だけぜったい出れない日を出していたのに、店長が間違ってその日と前後に私を入れてて地獄見た。

人手不足すぎて、「もーほかにだれもいないからなんとか」って言われたけど、「もー予定が入ってるからムリです」って頑張った。

 

最初から予定入れてたし、仕事の日はちゃんとがんばってるつもりなのに、店長のミスで入れられたシフトの取り消しがまるで私の自分勝手な感じにされて、すごい気分悪かった。

 

朝から閉園までディズニーシーに行くことになってたからねー。

ゴスちゃんとマヨちゃんとアニちゃんと私の4人。

みんなでムリヤリ都合合わせた日がその日だったから。

 

予定では行く日丸一日と、その前夜勤と、帰ってからの早朝勤にシフトに入れない「×」出してた。

でもぜんぶそこにいれられてて、なんとか私が休みを取り戻せたのは行く当日だけ。

 

前夜は短時間の夜勤ヘルプが入ってて、帰ってきた翌朝は早朝勤で、「いつ寝ればいーのー」っていうシフトになった。

 

明日はアリエルんとこで寝てよー。あそこで爆睡してる田舎くさい女がいたら私かも(^_^)

 (※今ツイッターは鍵かけちゃってるからツイートが呼び出せなくて、その時のツイートは引用でここに転載)

 

天気予報見れば、その日だけ雨。

っていうか、すごい嵐になる、ってラジオで言ってて、お店から天気予報見たら(時間単位で細かく出るの)、とりあえず午前中だけひどくて午後から曇りになってた。

 

夕方には曇りだったのに、いつのまに夕方まで雨になってる。(白目)

強風らしいから、外のアトラクションも休みのがありそーだよね。

 

でも夜中に見たらいつのまに、夕方までずっと雨マーク。

昼間の1時間だけ曇りなんだけど。

 

私はこの時、寝不足のカラダが心の元気まで奪ってて、「シーに行きたい♡」っていう気分と「家で寝てたいー」ってだらだら気分とマーブル状態になってた。

雨はただの雨じゃなくて、雷雨だし突風注意だし、行ってもまともに遊べないかも、って感じになってきたし。

 

それで夜にスマホ持ってる私以外の3人がLINEで「行くかどーか会議」。

私はその報告がメールで来るだけで発言権ほとんどナシ。

 

それでも行く気240%なマヨちゃんと行く気130%なゴスちゃんと行く気63%な私と行く気が100%池袋サンシャインに向いちゃってるアニちゃんと意見が分かれてる。

 

マヨちゃんとゴスちゃんだけで行く気が370%もあったから、私とアニちゃんの意見は存在してないに等しくなったよねー、ってことで、だいたい行くのが決定してた。

 

朝になったらみんなが行き先決めてくれると思うから私はもー寝る。

 

だれの日頃の行いが悪いせいかって話になって、マヨちゃんがこの前、駅のトイレでウンコした時流れなかったから流さないで出てきたって告白したから、嵐はマヨちゃんのウンコ罪のせいになった。

 

流れなかった水が倍返しで空から降ってくる刑ね。

 

それから寝た。

 

 _ノ乙(、ン、)_

 

ちょっとしか寝る時間なくて、ちょっとだけ寝て、起きてから行く支度したけど。

起きたらものすっごごごごごい雨だった。

「えー、これ、もームリじゃんー」

って思ったけど、昼間の1時間だけ曇りのままだったから、午後もそのまま曇りかもねー、って少しだけ期待した。

 

いちおー「行くのー?」ってみんなにメールで聞いたら、ゴスちゃんは「もち」って帰ってきて、アニちゃんは「カサ買うの?家のカサが壊れてた」ってレスが来て、マヨちゃんは寝てたから沈黙してた。

マヨちゃんは結局迎えにいってもまだ寝てた。

 

みんなを拾って、それからセブンに寄って朝ゴハンとか傘とか買って。

外はものすっごーい雨すぎたから、マヨちゃんがそこの男の店員に、

「ねー、これからみんなでディズニーシーに行くんだけどー、こんな雨でバカ?バカって思う?思うよね?バカだよねー(けらけらけら)」

って、聞いててひとりで笑ってて、

「はあ……がんばってください」

って、めんどくさそーに言われて、

「やめなよ!酔っ払いのオヤジみたいに店員さんに話しかけんじゃないよ!」

って、ゴスちゃんがマヨちゃん怒りながらお店の外にひっぱりだした。

 

アニちゃんはマンガの雑誌、ウンコ座り読みしてたから、ゴスちゃんはまた店に戻って怒って車まで連れてきた。

 

道はどれぐらい雨地獄かなー、って思ったけど、この前のスプリさんとの時よりぜんぜん首都高ががらがらで流れてて、途中からだんだん空が明るくなってきた。

でも高いビルは建物の上のほーがかんぜんに雲の中に隠れてておもしろかった。

その階の人たちは雲の中で働いてるんだねー。

 

アニちゃんが、

「あの雲のとこ、窓開けると雨はどっちに降ってるのかな」

って言ったら、マヨちゃんが、

「あの雲の中に手を入れたら手が洗えるね。便利じゃん」

って言ったけど、私もそれ気になった。

雨雲に手を入れると、そのまま濡れるの?

 

みんな低学歴だから、答えがでなかったよねー。

 

湾岸を浦安で降りたら、フロントガラスに水滴がつかなくなった。

ランドの入り口のとこの電光掲示板は、フツーに駐車場の案内しか出てなくて。

「この前、ここで入場制限とか出てたのー。ここで」

って、私が言ったら、

「この前って?だれと来たの?」

って、みんなに突っ込まれた。

スプリさんの説明がめんどくさかったから、

「……ともだち」

って言ったら、

「えー、ミカサに私たち以外に友だちいたのー?」

って、みんなに驚かれた。

 

アニちゃんが、

「オトコ、だ」

って言ったから、

「えー、そんな男がいたのー?だれもなにも聞いてないじゃんー」

って、ゴスちゃんとマヨちゃんに怒られた。

だから思わず、

「……オトコじゃないよー」

って、ウソついたけど、

「言えないオトコだ」

って、アニちゃんがまたぼそっと言った。

 

「あ、わかった。バイトの男だ。ブルータスだ」

って、ゴスちゃんに言われたけど、ブルータスと遊んだとしても、これはこれで人に言いたくなるオトコじゃないよねー。

 

シーはそんなに混んでなくて。

今回は、パスポートはもらいものをみんな分けてもらったから、ぜんいんタダ。

駐車場代は4人で割り勘で、高速代とガソリン代は車出して運転する私以外の3人の割り勘、ってゴスちゃんが決めて、みんなでそーなった。

 

着いた(^o^)

 

雨ふってない(^_^)

 

ぜんぜん雨降ってないから、傘ムダになったよねー、ってみんなでぶーぶー言って、車に置いてった。

入っておっきな地球があるとこに、いろんなキャラクターがいた。

 

ドナルドと写真撮れた(^_^)

 

でもほかのはいろいろ人がたかりすぎてて、ドナルドしか一緒に写真撮ってくれなかった。

それからすぐお土産買いにお店に入ろーとしたマヨちゃんに、

「荷物重くなるじゃん。そんなの帰りでいーんだよ」

って、ゴスちゃんが怒って、

「えー、今欲しーの。欲しー時に欲しーの」

って、マヨちゃんが言い返して、

「バカじゃないの。荷物重くなるって言ってんでしょ」

って、ゴスちゃんがまた怒って、そのあいだにアニちゃんは買い物してた。

 

「なにこいつー、いつのまにー」

って、マヨちゃんがアニちゃんに言ってるあいだに、ゴスちゃんが歩きだしたからみんなで追っかけた。

 

ゴスちゃんはスマホでパーク内のアトラクションの待ち時間の出る画面見てて、これすごい便利で、みんなこれで次の行先決めてった。

 

タワー・オブ・テラー」が80分待ちで、それのファストパス取ろー、って話でそっちに行ったけど、ゴスちゃんが、

トイ・ストーリーファストパスがまだ取れる!」

って言って、みんなからパスポート集めてそれ発券してきた。

 

「えー。マヨ、トイ・ストーリーなんて乗りたくないけど。エレベーターがいーんだけど」

って、発券してからマヨちゃんが文句言って、私もトイ・ストーリーなんてあまりキョーミなかったから、ちょっとだけマヨちゃんに同意した。

「ふたりはまだトイ・ストーリー、やったことないじゃん」

って、ゴスちゃんが言い返したら、喧嘩っぽくなって。

でも、アニちゃんがそこで、

「まんじゅー欲しー」

って言いだして、みんな、

「まんじゅー?まんじゅーってなに?」

って、喧嘩が止まった。

アニちゃんって、いつも突然マイペースの人、だからねー。

 

なんのまんじゅーかみんなで聞きだしたら、トイ・ストーリーの三つ目のエイリアンのだった。

これねー。

 

これはメディテレーニアンハーバーのお店で売ってるのがわかって、戻るのめんどくさいから帰りに買うことになった。

 

それからポップコーンのワゴン探して、まず、ブラックペッパーの買った。

そしたらダッフィーのすごいかわいいリュックしてる人がいて、

「あれ欲しー」

って、マヨちゃんがさわいで、クマだけなら軽いから、って、ダッフィーのショップにみんなで移動した。

 

でもリュックはなかったからねー。

あれはどこで買ったんだろーねー、ってぶつぶつ言いながら、いろいろ見てて。

今のシーズンのデザインのダッフィーがあったから、私もシェリーとペアでストラップの買おーかなー、って思った。

そしたら、

「オトコとペア?」

って、アニちゃんに聞かれて、ひとりでふたつ持ってもしょーがないよねー、って考えたけど、ダッフィーあげる相手が思いつかなくて買うのやめた。

 

スプリさんからいろいろもらったから、お土産買っていこーと思ったけど、ダッフィーだとシェリーとペアになるからねー。

なんかペアで持つのはヘンな気がしたから、シェリーも買わなかった。

 

私だけなにも買わなくて、3人はなんかいろいろ買って、ここで1万ぐらい使ったってさわいでた。

 

それから奥のほーにテキトーに歩いてって、アクアトピアのとこに来て。

「空いてるー。あれ最初に乗ろー」

って私が言ったら、なんかぽつぽつまた降ってきた。

でも空は明るいし、通り雨みたいだったから、すぐやむと思った。

 

「やむまでゴハンしよー」

って、ゴスちゃんとマヨちゃんの意見が一致して、さいしょにゴハン食べることになった。

 

また降りだしたからゴハン食べてる(^_^)

 

そしたら食べてる途中で窓の外見てびっくり。

 

すっごい降ってきた(T_T)

 

お昼1時間だけ曇り、っていう予報があたりすぎー。

 

ゴスちゃんはスマホでパーク内の情報見てて、マヨちゃんはだれかとLINEやってて、アニちゃんもスマホいじってて、だから私もテキトーにいろいろ見てるふりしてケータイからツイッターやってた。

そしたら、しゃべったことあるフォロワーさんが、ランドの話しててびっくりー。

 

フォロワーさんがランドにいた!

 

おなじ時間に、ランドとシーにいて、あっちとこっちでツイートしてたよねー。

 

センターオブジアースやってないー。

 

ゴスちゃんが、運転休止中の画面みんなに見せて、みんなで一緒に、「えー」って声だした。

これがいちばん楽しみだったからねー。

360度回転のコースターもお休みしてて、ものすっごいがっかりー。

 

外見たら、さっきよりものすっごい雨になってて、みんなで焦った。

もー降らないと思ったから、買った傘、車の中だし。

「バカじゃん?」

って、マヨちゃんが自分含めてみんなに呆れて。

そしたらゴスちゃんが、

「車に置いとこーって言ったの、私だから、私が取ってくるよ」

って言ったら、マヨちゃんが、

「2分で戻ってきて」

って、すごい冷めた声で言って、

「はあ?こっから2分で戻れるわけないじゃん?」

って、ゴスちゃんがマジギレして、またふたりは喧嘩っぽくなった。

 

そしたらアニちゃんが、

「あー、死ぬ。死んだ。もー、いやー」

って、とつぜんものすごい叫びだして、また喧嘩が止まった。

 

「こんどはなに」

って、ゴスちゃんが冷めた声でアニちゃんに聞いたら、ゴスちゃんの好きな有名人のツイッター見せてきた。

「ほら、こんなこと言ってる。死んだ。死んだ。死んだ」

って、なんかショックになってた。

「それだれ?マヨ、知らない」

って、だれも知らない有名人だったから、みんなの反応悪かった。

でもアニちゃんにとってすごいショックな発言したんだって。

 

「ふーん。それでなんでいちいち死ぬの?」

って、マヨちゃんとゴスちゃんが自分たちの喧嘩忘れて、ものすっごい冷めた突っ込みをアニちゃんにしてた。

 

でも私は、違う意味でものすっごいショックになってた。

 

「アニちゃんがツイッターやってるーーーーーーーーー」

 

ってショック。

 

「ねー、その画面、LINEじゃないよね?なにー?」

って、とぼけて聞いてみたら、

「ついったーだよ」

って、言われたから、

「えー。アニちゃん、ツイッターもやってるの?」

って、聞いたら、

「うん、ほら、これ、あたしの」

って、アニちゃんのツイッター見せてくれた。

 

(O_O)

 

ツイッターってなに?それよく聞くけど、なにがおもしろいの?」

って、マヨちゃんが言って、ゴスちゃんが、

ツイッターはおもしろくないよ」

って言ったから、このふたりはツイッターにキョーミないと思う。

 

「アニちゃん、いつからツイッターやってたの?」

って私が聞いたら、アニちゃんもゴスちゃんも、

ガラケーはできないでしょ。ムリ」

って言ったから、私はやらないと思われて助かったよねー。

 

アニちゃんはそれからずっと、ツイッター見て、スマホの画面ずっといじり続けてた。

「シーに来たこと書いてるの?」

って聞いたら、ぜんぜん違った。

その有名人の発言を読んでるだけだった。

 

けっきょく傘取りに戻るのは遠いから、って、みんなまた、パークの傘買った。

 

それから、アクアトピアに行こーって私が言ったら、

「こんな雨で濡れるだけじゃん」

って、ゴスちゃんとマヨちゃんに即却下されて、ストームライダーに行った。

でもストームライダーはすっごい濡れる席で、すっごい濡れすぎてみんなで笑った。

 

「これじゃ、アクアトピア乗ってもおなじだねー」って私は笑って、

出てから、その目の前にあるアクアトピアのほーに歩いてったら、みんなは反対の奥のほーに歩きだしてて、あわてて追いかけた。

 

「インディが50分待ち。どーする?」

って、歩きながらゴスちゃんが聞いて、

「インディで50分も並んだことないよ。いつも20分ぐらいで乗れたよ」

って、私が言ったら、

「だって今は50分なんだから、今は乗りたくても20分で乗れないでしょ」

って、ゴスちゃんに怒られて、マヨちゃんが、

「ミカサの話っていつもズレるよね。私、インディは75分並んだよ」

って言って、ゴスちゃんが、

「だから?今の話しよーよ。今どーするか決めないとどーしよーもないでしょ」

って、マヨちゃんにも怒った。

そしたらアニちゃんが、

「とーとー赤井さん、出たよねー」

って、突然言い出して、ゴスちゃんとマヨちゃんが、

「は?あかいさん?あかいさんってだれ?どっからあかいさんがでてきたの?」

って、ものすごい冷めた突っ込みした。

 

私はすぐ意味がわかったから、

「ねー。ねー。とーとーだよねー」

って、アニちゃんと盛り上がったら、

「このふたり置いていこー」

って、ゴスちゃんとマヨちゃんが仲良くなった。

 

それで4人でこんどはインディに乗った。

ものすっごい悲鳴あげまくって、写真のこと忘れてものすっごい叫んだら、みんなものすっごい写真になってた。

「やべー。これ、だれかに買われたくない。マヨのこんな顔、だれかが持ってるなんて許せない」

って、マヨちゃんが、

「あれ、消してくれませんか?」

ってキャストに交渉してた。

ゴスちゃんが、

「すみません、この人、頭がヘンなんです」

ってキャストに謝って、マヨちゃん連れ出した。

「だってあれ、マヨの個人情報だよ。あんな個人情報、ばらまかれたらやばいじゃん。あの顔はやめてほしーでしょ」

って、ゴスちゃんに言い返して、

「みんなすごい顔になってんだから諦めな。あんな顔に個人情報の価値ないよ」

って、ゴスちゃんに怒られてた。

 

アニちゃんが、

「あーいう写真、あとから見て、イヤだったら自分の顔にモザイクかけれるよーになってたらいーのにねー」

って言いだして、

「そーだよねー!」

って、それはみんなで意見が一致した。

 

出てからまだ雨がすっごい降ってて、アイス食べたかったけど買うのがめんどくさくて、「屋根があるとこ行こー」って、火山に歩いてった。

 

その途中のマーメイドラグーンのとこは、外にスカットルの乗り物と、フランダーのコースターがある。

こんな雨でだれが乗るんだろー、って言いながら歩いてたら、フランダーはお客さんふたりしか乗せてない状態だった。

 

「ウソ―。貸切で乗れるよー」

って、私たちはさわいで、走って乗り場に行った。

だれも並んでないからねー。

こんな雨だと濡れるし、レールがすべりそーでものすっごいこわいよねー。

って、笑いながら傘たたんで乗ったけど、ほんとにものすっごい濡れて、ものすっごいこわかった。

 

フランダー乗りまくりすぎてズブ濡れになったー(O_O)

 

雨のフランダー、こわすぎー。だれも乗らないしー。

 

「こんなにフランダーがこわかったのはじめてー」

って、4人でコーフンしてまた乗った。

だれも並んでないし。

 

またものすっごい濡れて、ものすっごいこわくて、ものすっごい叫びまくった。

 

ここまで濡れたらもーどーでもいーよねー。

って、また乗った。

 

かんぜんにブラとかぱんつまで濡れまくるぐらいに濡れた。

「ショーパンとビーサンで来るべきだったー」

って、みんなヤケになって傘ささずに歩いた。

ものすっごい風だったから、千円もした傘が壊れるのもったいなかったし。

 

「海なんだから、さいしょから水着でいーじゃん。ビキニで歩いたらダメなの?」

って、マヨちゃんが力説して、

「ビキニはやばいよ。ウェットスーツにしときなよー」

って、私とアニちゃんが言って、

「なんで?海なんだからフツーの水着でいーじゃん」

って、マヨちゃんが言い返して、

「オトコのビキニもいたらイヤじゃん」

って、ゴスちゃんが冷めた突っ込みして、

「……ウェットスーツでいっか」

って、マヨちゃんが結着つけた。

 

火山に行ったら、センター・オブ・ジ・アースが再開してた。

70分待ち、とかになってたから、そこでファストパスとった。

時間がビミョーだったから、先に潜水艦乗った。

これはがらがらで、4人だけで1つの潜水艦。

乗り込んだら、なんかすごい臭って、

「濡れたからみんな臭うよねー」

って、みんなで笑ってたけど、ものすっごい臭いが混じってたから、

「あ、マヨだ」

って、ゴスちゃんが犯人発見した。

「あ、やっぱ?やっぱバレた?さっきから自分の足がすっご臭ってたけど、バレてなかったからだまってたんだよねー」

って、マヨちゃんが自白した。

マヨちゃん履いてたスニーカー、買ってから一度も洗ったことないんだって。

よく見たらそーいう色してた。

 

「やばいー、すごい臭いすぎー」

って、潜水艦の中でものすっごい盛り上がりすぎて、ぜんぜん海底見るの忘れてた。

それでまた乗ったけど、また臭って、

「さっきの、マヨの臭い残ったよね。次のカップル、彼氏のせいにされてたらかわいそー」

「彼氏が、オレじゃないから、って彼女を疑ったらもっとかわいそーじゃん」

って、みんなでまた盛り上がった。

それでまたあんまり海底見なかった。

 

「女子の靴じゃないよねー」

って、マヨちゃんが自分の靴脱いで、みんなに臭い嗅がせてきた。

「えー、でも、これ、痴漢に襲われた時、この臭いの投げつければ撃退できるじゃん。犯人死ぬよ。ある意味、女子力だよ、この靴」

って、ゴスちゃんが言って、みんなすごい頷いた。

 

それからまだファストパスにビミョーな時間だったから、どーする?って火山の中歩いてたけど、ものすっごい風が吹きぬけてて、雨はミスト状態になってて、また全身濡れまくって、ものすっごーい寒くなった。

 

服が濡れまくって寒い(;_;)

 

だからマーメイドラグーンに移動した。

そこでショー見たかったけど、ショーはお休みしてて残念ー。

それでクラゲに乗ったけど、クラゲに乗ったらものすごい眠気が来た。

私は耐えれなくなって、中にある食べるとこで、クラムチャウダーとホットのウーロン茶買って、それ食べてからものすっごい爆睡した。

そのあいだ、3人はフグに乗ったりアリエルの部屋に行ったり買い物してた。

 

それから起こされて、また火山に戻ったけど、センター・オブ・ジアースがまた一時休止になってた。

「ぎょーざたべたい!」

って、マヨちゃんがさわいだから、とりあえずそこでギョーザ食べることにした。

ものすっごい寒くて寒くて、私はギョーザをカイロみたいに手で持ってあったまってた。

みんなも濡れて寒いー、って言ってるのに、私だけが異常に寒がってたからねー。

 

それからセンター・オブ・ジアースが再開したから、急いでいったけど、前の時間のファストパスの人も一緒になってたから、ファストパスの意味がないぐらいものすっごい列になってた。

でもファストパスの人たち、ちゃんと優先されるんだねー。

ものすごい長さの列だったのに、ものすごい早く乗れた。

 

またみんなでものすごい叫びながら乗って、降りた時、

「こんどは落ちる時、ちゃんと顔したよ!マヨ、ばっちり!こんどの写真は成功してるはず!!」

って、マヨちゃんがコーフンして写真見に走り出して、アニちゃんから、

「これ写真ないよ」

って、冷めた声で言われて、ゴスちゃんから、

「バカじゃん」

って、冷めた声でバカにされてた。

 

それからキャラメルポップコーン買いたい、ってアニちゃんが言って、みんなでそれ買いに行って、私がカレー味も欲しーって言って、アラビアンコーストに行った。

 

そこでジャスミンの空飛ぶじゅーたんに乗った。

動かし方がさいしょ、わかんなくて、終わる頃にふらふら前後揺らせるのに気付いたよねー。

おなじ回の時に、どっかの中学生か高校生の制服の男子たちも乗ってて、待ってる制服の男子がその写真撮ってた。

そしたら降りてからマヨちゃんが、

「ねー。あたしたちも撮った?あたし撮った?」

とか聞きに行って、ものすごい制服男子がひいてて、

「ごめんね。この人、頭おかしーから。こんな人、すぐ忘れてね」

って、ゴスちゃんがその子に謝って、マヨちゃんをひきずり戻してきた。

 

それからシンドバッドの船に乗った。

これは寝れるからいーよねー。

 

シンドバッドの『コンパス・オブ・ユア・ハート』、いい曲だよねー。

 

シンドバッド出てきたらいきなり晴れた(^o^)雲の流れがすっごいはやいー。

 

@(ランドにいたフォロワーさんへリプ)

 同じとこだったら会えたかもですねー。 さっきマーメイドラグーンで爆睡してきました(^_^) やっと晴れてきましたね。風が冷たいけどー。

 

これから出たら、やっと空が晴れた。

ものすっごい雲の流れがはやくて、風だけ強くて、地面歩いてたスズメがころころ転がってた。

でも太陽出た途端、あったかくなって助かった。

 

ここで食べたチョコのチュロス美味しすぎー。

ピンクのストロベリーのシュガーがかかってて、これが酸味があって、すっごい美味しーの。

 

それからゴスちゃんがスマホでいろいろ待ち時間見て、インディが30分になってたから、また行くことにした。

マヨちゃんが写真のリベンジしたい、ってすごいさわいだから。

 

それでまた行ったら、中で並んでる時、20代前半の男のグループと隣になって、ずっと話しかけられた。

おもにゴスちゃんとマヨちゃんが話してて、アニちゃんはずっと有名人のツイッターを見てて、私はその画面を覗いてた。

その男たちといろいろ話してて、行き来できるぐらいの距離の場所から来たっていうのと、マヨちゃんが勝手に私たちの仕事とか話してて、なんか自己紹介みたいなことになってた。

 

私はそーいうちゃら男が好きじゃないから、スマホずっと見てるアニちゃんのスマホをずっと見てた。

 

インディは別々の乗り物になったからよかった。

私たちが先で、マヨちゃんは降りたらまた写真のことしか頭になくて、写真の確認して、また、

「えー、これ消してくださいー」

って、キャストにたのんで、ゴスちゃんに怒られてた。

 

「まだアクアトピア乗ってないよ!」

って私が叫んで、

「なんであんなのに、そんなに乗りたがるのー?」

って、3人から突っ込まれたけど、やっとアクアトピアに行くことになった。

 

ちょーど暗くなってきたから、アクアトピアがきれいだった。

それでみんなで水の上をぐるぐるして、そこから電車の乗り物に乗って、アメリカン・ウォーターフロントに移動した。

 

火山の横にスカイツリーが見えるー。今噴火中。

 

パークからスカイツリーが見えちゃうんだねー。

きれいだけど、ちょっと興ざめ。

どこからでも見えちゃう建物っていうのも、ちょっと暴力的だよねー、って思った。

 

トイ・ストーリーファストパスの時間まで少しうろうろすることにして、マヨちゃんがそこで、エレベーターにも乗りたがった。

でも、待ち時間見たら70分とかで、

「こっちのファストパス取ればよかったんだよー」

って、またゴスちゃんと喧嘩になりかけた。

 

でも私も、トイ・ストーリーにぜんぜんキョーミ湧かなくて、

「あとで、タワー・オブ・テラーも行く?」

って言ってみたけど、

「70分も待ったらゴハン食べれないで閉園だよ」

って、ゴスちゃんに却下されて、マヨちゃんが、

「だからそっちのファストパス取ればよかったんだよ」

って、またものすっごい喧嘩売った。

 

ここでほんとにほんとの喧嘩になりそーな空気になった。

 

アニちゃんが、

トイ・ストーリー、おもしろいよー」

って、ゴスちゃんについて。

「乗ったことあるの?どんななの?」

って、マヨちゃんがアニちゃんに聞いて、アニちゃんが、

「うーんとね、乗るじゃん。メガネかけて。それで打つゲーム」

って説明した。

アニちゃんの説明じゃ、ぜんぜんおもしろくなさそーだったからねー。

「それのなにがおもしろいの?」

って、マヨちゃんが詰め寄ってた。

「乗ればわかるよ」

って、ゴスちゃんが言ったけど、マヨちゃんが私見て、

「こいつら勝手に乗せといて、私はエレベーター行く。ミカサは?」

って聞いてきた。

「えー、じゃー、私もタワー・オブ・テラーがいーなー」

って、ホンネ言ったら、ゴスちゃんが、

「は?だったらさいしょになんでそー言わないの?あんたたち、私がトイストーリー取るって言った時、自分たちでパスポート渡したよね?私が勝手にしたわけじゃないよね?」

って、ものすっごい怒った。

その怒り、ほんとにそのとーりだから、マヨちゃんと私は、

「ごめん」

って、謝った。

 

アニちゃんが、

「打つのおもしろいよー」

って、ゴスちゃんの味方したけど、なにを打つのかぜんぜん説明がないから、やっぱりぜんぜんおもしろそーに聞こえなかった。

 

それで4人でトイ・ストーリー・マニアに行った。

中はアンディの部屋になってて、私たちがオモチャサイズになってるから、ベッドとかドアとかがものすっごいおっきいの。

アリスみたいだねー、って、自分が小さくなった感覚がわかって、それがおもしろかった。

 

ぜんぜん内容がわかんないまま私とマヨちゃんはおなじ車に乗った。

「えー、マヨ、ぜんぜんわかんないよー。わかんないからただ乗ってる」

って、マヨちゃんはまだふてくされてた。

でも私もホンネでは、車に乗って説明画面見ても、ぜんぜんおもしろそーに感じなくて、操作するのもただ丸いレバーだけだし、子供だましみたいだし、3Dのなんかを見るだけでいーや、っていう気分になってた。

 

だけど、動きだすと、ちゃんとだれでもわかるよーになってたからすごいよねー。

「え?ここで打つのー?」

って、レバーをテキトーにいじったら、ちゃんと当たったから、一気に盛り上がった。

マヨちゃんも、

「やべー。はずれた。えー、あたんない。くやしいー」

とか騒ぎだして、燃えだしてた。

 

それからどんどん、ふたりで盛り上がりまくって、すごい騒いで、最後のボーナスのとこなんて狂ったよーに打ちまくったからねー。

けっこーすごい得点だしたよねー、ってふたりでスコア見て笑ってたら、さいごにほかの人の成績が出て、びっくりした。

桁が違うし。

 

えー。なにをどーやったらあんなバカみたいな高得点出せるのー、って、マヨちゃんと唖然。

 

トイストーリーマニア、すっごいおもしろい!でも70000しかいかなかったー。

 

降りてからゴスちゃんとアニちゃんに、

「がんばったのにー」

って、自分たちの得点言ったら、ゴスちゃんもアニちゃんも軽く20万越してた。

「あんまりできなかったー」

って言ってて20万超えてるからねー。

 

「は?どーやってそんな点数出せんの?」

とか、マヨちゃん燃えちゃって、あんなにつまんないとか言ってたのに、

「こんど、トイ・ストーリーだけやりに来る。マヨも30万出す」

って、ホンキだしてた。

 

「だから言ったじゃん。おもしろいって」

って、ゴスちゃんがマヨちゃんと私にすっごい冷めた目してきたから、私とマヨちゃんでゴスちゃんとアニちゃんにアイス奢った。

 

タワーオブテラーは混みすぎて諦めた。

 

エレベーターはまだ70分待ちぐらいで、かんぜんに諦めて夜ゴハン食べることにした。

 

閉園までいて、明日は早朝から地獄勤。今すっごい眠くて歩きながらでも寝れそーだけど、帰りの運転まで脳みそもたせる。

 

ゴハン食べながら、みんなで最後になに乗るか話し合ってる最中に私はいまから居眠りする☆彡

 

_ノ乙(、ン、)_

 

でも食べてる間に、ゴスちゃんがスマホ見たら、

「今、30分!」

って、叫びだした。

 

パレードの時間になったから、みんなそっちに行っちゃったみたい。
慌ててみんなでデザートを口に放り込んで、お店をダッシュで出て、タワー・オブ・テラーにダッシュで駆けつけた。
それで30分待ちで乗れた♡

マヨちゃんがずっと、ハリソン・ハイタワー三世のおじさんはケンタッキーのおじさんと双子だって騒いでて、一緒に並んでるからカップルから笑われてた。


「マヨと来ると恥ずかしーよ」
ってゴスちゃんがぶーぶー言ってて、アニちゃんが、
「ゴスちゃん、みんなのおかーさんみたいだよね」
って、言ったら、
「は?私の子供はこんな恥ずかしー子供じゃないよ。私、そんなふーに育てないから」
って、ゴスちゃんホンキで言い返してた。

マヨちゃんも、

「やだ、こんなうるさい母親。親を選ぶ権利、こっちにもあるから」

って、言い返してて、

「子供は親を選べないよ」

って、ゴスちゃんにマジレスされてた。

 

エレベーターで座席に座った時、
「ポップコーンのバケツ、ちゃんとおさえときなよ」
って、ゴスちゃんがみんなに注意した。


私とアニちゃんとマヨちゃんは、足元に置いて、足ではさんだ。
でもエレベーターが急降下する時、足もふわっと浮き上がるからねー。


マヨちゃんのバケツがふわって浮いてきて、
「あー、飛んだー」
って、マヨちゃんが叫んで、おさえよーとしてそれ蹴飛ばしちゃって、アニちゃんのほーに来たからアニちゃんが慌てて足でマヨちゃんバケツおさえたんだって。


終わってから、
「おもしろかったー」
って騒いだら、アニちゃんが、
「マヨちゃんのバケツおさえてたから、写真ちゃんと撮れてない」
って、ぶーぶー言ってた。


そしたらほんとにアニちゃん、下向いてたけど、マヨちゃんはバケツが転がりかけて焦ってる顔してたから、ものすっごい大口開けたものすっごいヘンな顔になってた。


「今日、あたし、シーに恥かきに来ただけじゃん」
って、写真見て、マヨちゃん、ものすごい唸ってた。
けっきょくだれも写真買わなかったし、私たちにカメラで撮らせるのもマヨちゃん、禁止してきた。

 

これで遊ぶのはおしまい。

だらだらメディテレーニアンハーバーに移動して、それからみんなで買い物した。

私はお菓子をちょっと買っただけ。

アニちゃんもまた少し買って、リトルグリーンまんも買って、あとはまたスマホツイッター見てた。

 

ゴスちゃんとマヨちゃんはぜんぜんショップから動かなかったから、

「外で待ってるねー」

って、アニちゃんと外のベンチに移動した。

 

私はすごい眠くて、ツイッターやってるアニちゃんに寄りかかって、そこでまた寝てた。

そしたらアニちゃんがだれか男に話しかけられてて、なんかだらだら声してるなー、って目を開けたら、インディのとこで会った男グループの人たちだった。

 

帰る時にまた会えちゃったから、ここでなんかホンキのナンパしてきた。

アニちゃんはそーいうの慣れてないから、すごい困ってて。

私、眠いのに寝かせてくれない人たちにすごいムカついて、すごい不愛想に、

「寝てたいんだから寝かせて」

とか、連絡先聞かれても、

「そーいうの、教える気、ないから」

って言って、あとはムシしてた。

 

でもしつこいからねー。

ずっとムシしてたら、マヨちゃんが戻ってきて。

そしたら男たちがマヨちゃんに話しかけて、マヨちゃんは最初、フツーにその男たちと話したんだけど、また会おーとか言われた時、

「マヨちゃん、そーいうのヤダから」

って、私が文句言って、アニちゃんもうんうん頷いて。

そしたらマヨちゃん、

「わかった。おにーさんたち、ここで終わりね。はい。ここから先はご縁がありませんでしたー。またねー」

って、男たちを追い返そーとした。

 

それでもしつこくねばられたから、マヨちゃんが、

「空気読んで。ね。しつくされたら、みんな、ヤダから。ね。ここは魔法の国だから。ここから出たらみんな現実に戻るから。夢覚まして」

とか言って、断ってくれた。

 

それからマヨちゃん、また買い物の続きしに、違うお店に走ってった。

そしたら男のひとりがまた戻ってきて、しつこかったからねー。

なんでこんなにしつこいのー、っていうぐらい、しつこく連絡先聞いてきた。

 

アニちゃん、大人しそーだし、かわいいからねー。

ぜったい舐められてる、って思って、私とアニちゃんとベンチ移動したら、マヨちゃんがまたそれ見て、こんどは駆けてきて、

「おにーさん、そこまで。やめよー、しつこいのは」

って、けっこーきつい声で撃退してくれた。

 

シーでナンパしてくるやつとか、ほんと迷惑。

 

ベンチで寝てた私とアニちゃんがしつこくされてたら、戻ってきたマヨちゃんがものすごい撃退してくれた。マヨちゃんをカレシにしたいよねー。

 

マヨちゃん、こーいう時、頼もしーよねー。

ゴスちゃんが戻ってきてから、男たちの話したら、

「あそこで仲良くしたから舐められたのかなー」

って、唸ってた。

 

私は寝るの邪魔されて、それがすごい怒りたかった。

 

ねむすぎてだれかうんてんしてー

 

ねむいーねむいー_ノ乙(、ン、)_

 

 ものすっごーい眠すぎて、帰りの運転が自信なくなって。

だから駐車場で10分だけ寝せてもらって、それから、

「タバコ、目が覚めるよ!」

って、マヨちゃんからメンソールのタバコ、1本もらった。

3人とも、吸うからねー。

 

それで1本だけ私も吸って、スーッとした感じになって、なんか目が覚めた気がしたけど、吸い方ヘタなんだと思うけど、タバコって煙、どこから出すの?って感じになる。


吸ってすぐ吐くと、煙出るけど。
タバコって、どこまで吸い込むのかよくわかんないから、口に煙がたまっただけみたいな吸い方で、なにがおいしーのかぜんぜんわかんない。


お酒はアル中になれる自信あるけど、タバコは吸った時の感触がいーと思わないから、一生自分で買ってまで吸わないと思う。

タバコ吸うのが格好いい人とかは、憧れるけどねー。

 

少し眠気が覚めたから、今のうちー、って急いで帰った。


帰りの首都高で、前後と左をぴったりおっきいトラックに囲まれて、ぜんぜん車線変更させてもらえなくて困った。
わざとなのー、っていうぐらい、ぴったり塞がれちゃったからねー。


左の分岐に行きたいのに、それで行けなくて、予定してたルートじゃないルートで帰った。


トラックに車間詰められるのって、すごいこわい。
ぜったいやめてほしい。


玉突きになった時、トラックは潰れないけど、潰れて死ぬのはフツーの車だからねー。


高速だと、トラックのすぐ前はなるべく走らないよーにしてる。
渋滞で減速した時、後ろから突っ込まれるのこわいし。


でもトラックのおかげで眠気覚めた。
帰りはみんな寝てたから、眠気覚ましにPitbull聞いて、それ歌いながら帰ってきた。
みんな寝てたから、私のヘタな英語、聞かれてないよねー(^_^)

 

 

 

 

だらだらTDS記、おしまい。

 

 

TDSで、女子4人で(っていうか、おもにゴスちゃんとマヨちゃん)、恋愛とか結婚の話をいろいろした。

その話はあとで別に書くかもー。

 

 

 

(※本文の流れとツイートの時間、あってない部分もありますー)

 

 

考えたらディズニーキャラクターってみんなだいたいカップルだよね。

 

 

カップル単位の幸せっていうのは、私は一生知らないままかもー。

 

 

 

 

広告を非表示にする