読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひきこもり女子いろいろえっち

20代ひきこもり系非正規女子のつまんないぼやき。とてもダメな人が書いてます。

幸せに条件つけないで

この国に 生まれて死んで そのあいだ 何を手にして それを守るの

 


いろんなものが閉じ込められよーとしていくねー。
閉じ込めるのは放射能だけで、いーのにねー。

 

自分が幸せに生きてて、人も幸せになってほしーなー、って思った時。
そしたら、自分とおなじことしなさい、っていうんじゃなくて。
自分と違う形の人の幸せを、認めることがいちばん、って思う。


この世にはいろんな人がいて。
男と女、っていうふたつの種類だけに分けれなくて。


いろんな人生があって。
それを生きてきた時間が、その人をつくる。
だから、みんな、違う。


幸せの形も、不幸の形も、人それぞれ。
なにを幸せに感じるか、不幸に思うかも、人それぞれ。


「結婚」ってキーワードを中心にした話題をちょっと見かけて、いろいろ思った。


「結婚」って、とっても狭い定義だよね。
他人と同じ姓になれる人。
異性愛者。


この条件が揃わなければ、日本では結婚できない。


これにあてはまる人だけが結婚できる。
これにあてはまらない人は、どんなに望んでも、法律婚はできない。


「結婚」は最初から選ばれた人たちだけが出来る制度で、それ以外の人たちの結婚の意思を法律は汲み上げてくれない。


最初から、そんな分け隔ての壁があるのに、「結婚」がすべての人の幸せになるわけないよねー。


幸せになれる条件を限った幸せは、万人を幸せにしないのです。


日本は「結婚」について、法律が遅れてるよねー。
そんな遅れた法律にあてはまる人たちだけが、結婚による幸せを味わえる、なんて、悲しーよねー。


結婚したくない、っていう意思を持つ人に、「結婚しなよー。結婚っていーよー」って言う前に。
結婚したくても法律が認めてくれないっていう人たちが、結婚してる人たちと同等の結婚の幸せを掴める道を、一緒に開いてったほーがいーと思うし。


別姓のまま結婚したい。
同性愛でも結婚したい。


そーいう「結婚したい」っていう気持ちを法律が認めることで、「結婚したい」って思ってる人たちをまず、幸せにできるよ。


独身のほーがいい、っていう人には、その価値観も認めて。
そして、家族がいても、独身者でも、老後まで等しく安心して生きれる社会保障を充実させて。


人ひとりひとりに生き方や価値観を変えさせるんじゃなくて、いろんな生き方や価値観に合う社会環境に作りかえていったほーがいーよねー。


いろんな角度から、いろんな人たちを、それぞれ違う幸せの形を変えさせることなく、幸せにする。
そーいう視点で、「幸せ」を考えたい、って思う。