読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひきこもり女子いろいろえっち

20代ひきこもり系非正規女子のつまんないぼやき。とてもダメな人が書いてます。

文化的どこでもドア

ハロウィンの 夜に心を 仮装して イジワルな人に お菓子を配る

 

※短歌と本文はいつもだいたい関係ないこと多いです。

 

 

 

ブックマークのコメントで面白いの、教えてもらった。

 

文化系説教ジジイにモテない方法

 

スプリさんは「文化系説教ジジイ」っていうコメントだったんだけど。

 

「文化系説教ジジイ」ってなにー?
って思ったら、このサイトの説明でわかった(^_^)


こーいうおじさんっているよねー。
SNSに、すっごいいたし。
こっちが若い女だからって、最初から上から目線でいろいろ意見つけてくる人。
でも、こっちのこと嫌いなんじゃなくて、そーいうおじさんって100%、リアルの誘いをしてくる。
それ断るとキレて、こっちの悪口をすっごいいろんなとこで広められたりする。
こっちから誘われた、とか、お金たかられたとか、すっごいウソ広められたこともあるし。


SNSは、だから、知らないおじさんがすっごい嫌だった。
私だけじゃなくて、若い女はだいたいやられるからねー。
私の友だちもみんな、すっごい迷惑してた。
それで全体公開にしなくなったし。


SNSは、おじさんはだいたい若い女みるとナンパしてくるけど、お説教や、リアルの誘い断ると逆ギレするのは、チャラいおじさんじゃなくて、政治とか経済の話を日記に書くのが好きなおじさんが多かった。

硬そうなおじさんだからって安心してコメント返すと、すぐメッセージでリアルの誘いしてくる。

それも、すっごいしつこいしね。

「少し目上の大人と知りあったほーがいい。あなたのタメになるんだから」

とか、誘い方もすごいウエメセで恩着せがましいし。


あれも文化系?
っていうか、意識高い系?


BG(文化系説教ジジイ)って、あーいうおじさんたちかなー、って思う。


スプリさんはまだ20代だし、えっちが目的で私に話しかけてきたわけじゃないから、BGとはちょっと違うって思うけど。


スプリさんもお説教臭いけどね。
でも、スプリさんの話って、結構私には勉強になることも多いし、頭いーなー、って尊敬するとこもいろいろある。


私に威張ってるみたいな言い方するのは、私がバカすぎるからなんだと思うし(;_;)


スプリさんとえっちしちゃったのは、最初からスプリさんがそれ目的、っていうんじゃなかった。


カレシいるの?ってことは聞かれたから、ダリさんのこと話した。
そしたら、スプリさんは、自分は女ってあまり好きじゃない、って話してきて。


女ってめんどくさいんだって。
だから、女とぜんぜんつきあう気にならなくて、つきあったことないって。
これからもつきあいたい、って思わないって。


それで、私も結婚願望とかはぜんぜんない話もした。


メールとか電話とかでもいろいろ話したからねー。


スプリさんのまわりには本を読む女とかいなくて、読んでるっていう女がいても、女の読み方って浅いよねー、って言ってた。


私もちゃんと読めてないからねー。
そこで反論できないからねー。


頭いい女とか、読書好きの女っていると思うけど、スプリさんは女が好きじゃないから、最初から意識して「女」を避けてたんだと思うし。


それで、私もそーいう頭のいい女じゃないから、スプリさんは、
「頭のいい女なんてどこにいるの?」
って、気分なんだと思う。


スプリさんは村上春樹が好きで、でも春樹のおじさんの小説はセックスばっか出てくるのがちょっとひっかかるって。


スプリさんは女とつきあわない主義だから、えっちもしたことなくて、でも童貞が春樹のおじさんの小説読んでると、なんかピンとこないんだって。


スプリさんは女と恋愛したくないけど、えっちは体験しときたくて、でもフーゾクとかはぜったいイヤって。

私は男と恋愛するのめんどくさいけど、えっちは好き。


っていうとこで、気があった、ってことだと思う。


スプリさんと気があうの、ってそこだけかも。


私は自分と同世代の男ってぜんぜん「男」っていう意識がもてないけど、スプリさんは私よりすごい頭いい人だから、そーいうとこに尊敬があったしねー。


私のまわりに、本とかの話ができる人っていないから。


すっごい好きだった先生とか、いろんなこと教えてくれた塾の時の先生とか、今はもう私の世界にいる人たちじゃなくなったから。


友だちとはいろんな話するけど、本の話とかはしない。
職場でも、そんな話できる人と知り合わないし。


私は、自分が好きな頭がいいタイプの男と、自分の世界で知り合えない。
私があの時、春樹のおじさんの本、読んでたりしなかったら、スプリさんとも知り合えなかったしねー。


自分も大学に行ってたら、いろんな知的な話できる友だちが簡単にできたのかもしれないけど。


でも、自分の世界って、自分の知的レベルでできあがるから。


その世界に、自分の知的レベル以上の人がはいりこんでくるって、奇蹟だと思う。


そのうち、スプリさんには私がバカすぎて呆れられて、縁切られるかもしれないけどねー。


でも、私は春樹のおじさんの話できる人は、自分のリアルの世界にスプリさん以外、いない。
ネットでは、私のほーから勝手に、いろんな頭のいい人たちが書いたものを読んだりできるけど。


リアルは、そーいう存在すら、私の知的レベルの世界にはいない。


バカはバカとしか繋がらない。

 

って書き方すると、私の友だちもみんなバカ、ってみたいだね。

 

私の友だちも、私みたいなバカって言ってるんじゃなくて。

でも私より頭よくても、本とかそーいう趣味のほーには行ってなくて、違う頭のよさで。

 

私は、自分の頭に合わない方面の知的な世界に憧れてて、そこと自分が繋がらない、ってこと。

 

自分が子供だった時は「先生」っていう頭のいい大人と接点があった。
だけど、自分が大人になると、そーいう頭のいい大人たちがいる世界に入れなかったりするね。


私はほんとに頭のいい人には、お説教されてもいーなー。
それでも、私の世界にちょっと来て、って思う。


穂村さんとサクマさんの関係って、ほんとにすごいうらやましすぎて、私は穂村さんとも出会えないし、サクマさんにもなれない。
でも、少しはサクマさんみたいになりたいなー、って思う。


それでいろいろ本を読みたいって思うし。


フツーに本の話とか春樹のおじさんの話ができる人たちがいる世界に、自分の世界を繋げたい。
知性のどこでもドア、で。