ひきこもり女子いろいろえっち

20代ひきこもり系非正規女子のつまんないぼやき。とてもダメな人が書いてます。

氷柱の涙

最近、ツイッターを見るコツが少しだけわかってきた、って感じ。

 

自分のブログの言及もいろいろ見たけど、ツイッターのツイートからこんなの見つけてびっくりした。

 

私のいる世界 - ひきこもり女子いろいろえっち

 

毎日かあさん」の漫画家の人がコメントつけてくれてる!

 

びっくり。びっくり。

 

ほかにも、いろいろびっくりする人がいるー。

 

あの記事は、もー私の手の届かないところまでいろいろ広がってっちゃったからね。

今もときどき、ツイッターでぶわーって広まる波が出来てたり。

 

ずっと前に書いた記事に、今もまだいろいろコメントつくと、あの記事は時間がと止まってる、って感じたりする。

 

自分が書いたものが、ずっと時間が止まったとこにいて、私だけ時間進んで、あれからだっていろいろ考えて。

 

はてなブックマークは、盛り上がっても、その波がひけばもー、嵐が去って静かになるけど。

ツイッターは、「その時」の時間をスタンプされたままの言葉がずっとずっと流れ続けてる。

 

タイムスリップしたいみたいに、過去の言葉が、まるで「今」の言葉のよーに目の前に流れてきて、それに気づかなくて、人は「今」と向き合ってるつもりで「過去」を見てる。

 

ツイッターってフシギ。

 

でも、ツイッターのコメントはすごい面白いのばっかだった。

はてなブックマークとまた違う、って感じのコメントがいろいろ多かった。

 

はてなはじめて、たった4か月しかたってないけど、すっごい色んな体験した、っていう感じがする。

この4か月、私にとってはすごい濃かった、っていう気がする。

 

きっと、それは自分にとって、貴重な体験だったりするんだろーね。

でももっと、薄い積み重ねのほーが、自分にはラク、って思ったりもする。

 

私、ずっとなんでか泣けないでいたのに、今日、なんか泣けた。

 

それは、これ、読んだから。

 

「性」と「なりすまし」と「自業自得」  // いつか電池がきれるまで

 

まだ16歳っていう、オトナになってないけどコドモからは脱した年の子が、あんな殺され方して。

 

そーいうことにも、いろいろ世の中の大人は意見つけて。

 

その子が殺されたっていうのに、どんな理由を並べても、そのことのひとつに「自業自得」っていう言葉を投げかける「この世の大人の正義」っていうのがあって。

 

その子の怖さ。

殺される時の怖さ。

ストーカーされてる時の怖さ。

 

その子が殺されちゃったお母さんの気持ち。

 

そんなこと思うと、どんな正義が「自業自得」って言葉、吐きだせるの、って、なんか叫びたくなってた。

 

正義っていうのは、とても弱ってる人に力をわけてあげるものじゃないの?

 

弱ってる人に、弱った原因をつきつけてやるのが正義なんかじゃないのに。

 

人が殺された時、その事実に憤りを感じることが正義じゃないの?

 

殺された人の何かの落ち度をひとつ並べることの正義が、いったいだれを救うの?

 

そんなことがずっと私の中でぐるぐるしてたから、この記事読んで、なんか急に涙が出てきた。

 

とても未熟な年の子の、ちょっとした過ちが、命を奪われるほどのものなの?

 

みんなだれも、そんな未熟な年を通過してきてるはずなのに、たまたま無事に通り過ぎてきた大人が、無事に通り過ぎれなかった人に偉そうな正義をかざす。

 

そーいう人たちが「オトナ面」して、ちょっとした過ちで殺された若者を愚か者って見下す。

 

人がひとり死んでも、自業自得、っていえるのがオトナなら、そんなオトナになりたくないよ。

 

人の心を簡単に殺すことに、殺意の自覚もない人が、他人の奪われた命を追いかけてお説教する。

 

そんな絶望を感じさせる正義の言葉が吐かれるネットの中で、人の弱さをそのまま見つめる目もある。

 

オトナになるって、人の弱さを知っていくことなんだと思う。

自分の弱さも知っていくことと一緒に。

 

その弱さに絶望したり批難したりしないで、それも人の一部、ってことにして、100%のただしさなんていう理想に幻想抱かないで、未完全な現実受け止めて、不自由な世界でなんとか生きて、人を赦して。

 

そんなことがとても自然にできるよーなオトナ、って、そんなにいないのかもねー。

 

そんなことをとても自然に言葉にしてるこの記事を読んでたら、なんかわかんないけど泣いちゃった。

 

冷たい正義の氷柱がだれかを刺しそーな時、その尖った先を溶かす言葉もあるよね。

 

 

 

広告を非表示にする