読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひきこもり女子いろいろえっち

20代ひきこもり系非正規女子のつまんないぼやき。とてもダメな人が書いてます。

扉開けて

6月に パソコンみつめて ID決めた その時開いた はてなの扉

 

お盆が終わってから、常連のお客さんにいろいろお土産もらった。

「みんなで食べてね」

って、たまたまレジにいた私が預かったものや、私にくれたものとかいろいろ。

 

買い物に来たお客が、レジの従業員になにか買ってくれたりすることもうちの店はわりとある。

うちのお店のお客さんって、親切な人多い。

 

常連のお客さんたちから、

「お盆はどこか行ったの?」

って聞かれた。

「時間はばらばらだけどだいたい毎日お店で働いてましたよー(ToT)」

って悲しく答えたら、みんな、可哀相って言ってくれた。

 

お盆休みがとれる仕事じゃないし。

でもお休みがとれても、どこにも行かないけど。

 

いろんなおじさんのお客さんから、お盆に遊びにいった?って聞かれて、行ってないですー、って答えると、もったいない、って感じに言われた。

 

だから夏は嫌い。

ゴールデンウィークもお正月も嫌い。

 

「どこか行くの?」

って必ず聞かれる。

行かない、っていちいち答えなくちゃいけないのがめんどくさい。

 

なんで、「お休み」がみんなおなじ、って思うの?

なんで、お休みだと「どこか行く」って発想の人が多いの?

 

「遊びに行く」ってことに、なんでそんなに大事な意味があるの?

 

この前、ブルータスからも、

「いつもオレから誘ってんじゃん。おまえからなんで誘ってこないの?ほんとはオレのこと、嫌いなの?」

って急に言われた。

べつにブルータスと遊びたいって思ったりしないから、って言いたくなったけど、それも違うと思った。

 

私、友達とも自分から誘ったことない。

それに気づいた。

学校にいた時から、みんなが遊ぶこと決めて、それで私も誘われるから私も行く、って感じ。

 

仲のいい友達どーしでも、時々、その中で喧嘩してる。

仲間割れまではいかないけど、その手前までの喧嘩はいろいろある。

私はいつもその喧嘩の中にも入ってない。

だから、だれかがだれかと喧嘩すると、それグチりたくなると私に連絡してくる。

喧嘩の両方からべつべつにグチられることもある。

 

私は、友達どーしの喧嘩だと、どっちかだけの味方できないから、

「いろいろたいへんだねー。※※(私にグチってきた人)の怒る気持ちもわかるけど、※※(グチってきた友達が喧嘩した相手)もなんか頭きたんだよー。ふたりの怒りがさめるまでどーしよーもないねー」

って慰めてる。

 

そしたら、友達みんなで集まった時、

「ミカサにグチ言ってもすごいムダだよねー。ぜんぜんこっちの気持ちわかってくれないから」

ってみんなに言われた。

「だってどっちとも友達だと、どっちかの味方できないじゃん。私はどっちとも喧嘩してないんだから」

って言ったら、

「あんたはそーいう人だから、もうみんなのグチ、黙って聞く係になってな。それでいーよ。ただグチりたい!っていう時だけ、ミカサに言うから。気持ちわかってほしー、って思う時は、わかってくれる友達選ぶから」

ってみんなに言われた。

 

だから、「ただグチりたい!」ってなった時の友達のグチ聞く係になった。

みんないろいろ、「ただグチりたい!」っていうことがあるから、いろいろ誘われる。

 

誘われるとサイゼとかガストに行って、そこで安いゴハン食べながら、友達のグチ聞いて帰ってくる。

たまに、「買い物したいー」っていう友達に誘われて、一緒に買い物に行く。

私が誘うんじゃないから、友達が好きなお店にいろいろ行く。

だから、自分じゃぜったい行かないお店とか行けて面白いし。

 

そういうのがだいたい私の、「友達と遊ぶ」ってことだから、ほんとによく考えたら、私から誘ったことって一度もない気がした。

 

ゴスちゃんが、すっごいゴスゴスしたコスプレしたいからって、ディズニーランドのハロウィンに誘ってきたこともあった。

「私が黒いアリスやるから、ミカサはフツーのアリスやりな」

ってゴスちゃんが決めてきた。

私はゴスとかぜんぜん趣味ないし、あーいう服はぜんぜん似合うキャラじゃないのに、ゴスちゃんが、コスプレに使える安い服屋知ってて、そこに連れてかれた。

それで、ブルーのアリスみたいな服をゴスちゃんが選んで(4000円ぐらいだった)、それにゴスちゃんが自分でミシンでいろいろ飾りつけて、小物も作ってくれて、私はそれ着ることになった。

 

首から下は、すっごい可愛いディズニーのアリスになった。

首から上は私のまま、っていう悲しい現実だけど。

 

それでディズニーランドのハロウィンに行ったけど、まわりはもっとすごいコスプレだったからあまり目立たなかった。

でも、写真撮らせてって聞いてきた外国人の人とかいたから、ゴスちゃんがすっごいポーズ決めた。

「ミカサもやりなよ」

ってやらされた。

ゴスちゃんがその人に住所まで教えて、そのあとで、撮った写真もらってた。

ゴスちゃんがそれを、友達みんなに見せまくった。

 

「ミカサもこんな趣味あったのー?」

ってすごい驚かれたから、

「ゴスちゃんにやらされたんだよー」

って説明したら、

「ミカサって言われたらなんでもやりそーだね。主体性、なさすぎだよ!」

ってみんなから怒られた。

 

でも、こんどはみんなですごいコスプレするんだって。

みんなやりたいのいろいろ決めてたけど、

「ミカサは※※ねー」

って私のはみんなに決められてた。

みんな、「女」キャラだけど、私は「男」。

男役はほかにいないから。

 

私は「眠れる森の美女」のオーロラ姫がいい。

「美女」ってところはフィクションで。

ずっと寝てるだけ。

ランドにも行かないで家のベッドで寝てるだけ。

美女じゃないから目をさまさせる王子なんてこなくていーし。

 

自分から誘わないのは、自分からどこかに行きたいって思わないからだし、人生充実させたいってぜんぜん思ってないから、お盆にどこにも遊びにいかなくても「もったいない」って思わない。

 

私はヒマが好き。

仕事は好きじゃないけど打ちこめる趣味があります、っていう、私生活重視派でもない。

なんにもやることないヒマが好き。

そういうヒマばっかある毎日が、私にとっては「充実」。

 

ヒマばかりあるとなにかやりたくなるよ、って人から言われたこともあるけど、そういう人はもともと「なにかしたい」気持ちを持ってる人だと思う。

私はそれがないから、ただヒマな時はヒマなことに満足してるタイプ。

 

そういう私が、この夏、いつもの夏と違うこと、はじめた。

それが、このはてな。

ブログで自分の好きなこと、いろいろ書くこと。

 

はてなはほんとに面白くて、自分の生活にはてなが入ってきただけでぜんぜん違ってきた感じがする。

 

ブログで好きなこと書く。

そこが、はてなだから、いろんな反応が返ってくる。

 

まだはじめて短いけど、はてなでブログ書くよーになってから知ったことっていろいろある。

コメントで、自分にはわからない難しいことが書かれてると、その意味を調べるのが楽しい。

 

今まで、自分のフツーの毎日に、そういう「難しいこと」ってあまり入ってこなかったから。

はてなだと毎日のよーに、私にとっては難しいことがいろいろ書かれてる。

 

いろんな本も教えてもらった。

そんな本、私ははてなやらなかったら、どこで知れたかわかんない本もある。

 

穂村弘さんだって、私のネットじゃないリアルの毎日の中に、どこにもなかったものだから。

短歌だって、私ははてなやるよーになって、なんとなくブログで短歌をのせてみよーかな、って思ったことだったから。

 

穂村弘さんのエッセイの本を今、読んでる。

エッセイ読んだら、村上春樹のおじさんは私の中で3番目になった。

穂村弘のおじさんは2番目。

1番目のおじさんは、私がすごい好きだった人。

 

はてなはじめてから、なんとなく急に思いついて、その1番目の人の名前をグーグルで調べてみたら、ブログやってるの見つけた。

フェイスブックやツイッターと繋げて本名でブログやってた。

 

ストーカーみたいに、こそこそ覗いちゃう。

もう会えないと思うけど、ブログ読んでたら、先生(私はその人のこと、そー呼んでた。学校の先生じゃないです)とまた喋ってるみたいな気分になった。

 

はてなをこんなに好きなのは、出かけなくても家でやれるから。

そういうひきこもりの性格の私が、ネットでいろんなこと知る。

 

友達にも自分から誘ったりしてないのに、パソコンを自分でつけて自分からネットに飛び込む。

だれからも誘われてないのに、私は自分でここの扉開いた。

この扉の中にも「人」がいた。

 

友達じゃないけど、いろんな、たくさんの人が、いる。

ネットってすごい。

家にいるのに、こんなにいろんな人たちがいる世界にはいれる。

 

知らなかったことが、ネットにたくさんある。

 

お盆休みにはどこにも遊びにいかなかったけど、私はブログ書いてた。

ブログ書いて、仕事して、それ以外の時間は寝たりヒマしたりして、すごい忙しいって気分。

 

お土産買うよーなところに遊びにいってないけど、ネットに入りこむたび、私は頭の中にいろいろお土産持たされた感じでリアルに帰ってくる。

 

 

 

広告を非表示にする