読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひきこもり女子いろいろえっち

20代ひきこもり系非正規女子のつまんないぼやき。とてもダメな人が書いてます。

セレブのおまじない

部屋の中 寝るのも覚悟 命がけ 息するたびに ゆで卵になる

 

今夜は補勤(補充シフト)だったけど、アンジェラさんが夜中の2時で帰りたいって店長に頼んで、私が補勤の続きで夜勤にはいることになった。

組む相手はリセット君。

 

ブルータスとアシモス君はいつもコミケのあいだはコミケ休み。

次郎君はコミケにはぜんぜん興味なくて、リセット君は、

「リセット君はコミケ行かないのー?」

って聞いたら、

コミケってなんですか?」

って、ぜんぜん知らない男子だった。

 

ありえない暑さになってるから、職場と家を自転車で往復するだけで、命削ってる気がしてきた。

カラダはほんとに削れた。

デニムのSSがするっと穿けた。

でも涼しくなったらまたはいるのギリギリになる気がするけど。

 

自分の部屋で寝てるとカラダが茹でられてる感じがする、ってお母さんに言ったら、もう危険だからエアコンついた部屋で寝なさいって言われた。

それでリビングのソファーで寝ることにした。

涼しい、ってだけで、すごい息するのラクになる。

暑いと肺も痩せそう。

 

 

 

画像がでないけど、前に画像貼った冷却スプレーの「フレッシュアップルの香り」のほう。

いつもは無香料の使ってたけど、買いにいったらぜんぶ売り切れてた(ToT)

それで、アップルが1本だけと、グレフルの香りのが何本もあった。

 

このスプレーないと死ぬから、今回だけ香料のはいってるのでもいーや、って思って、どっち買おうか迷った。

テスターがなかったから、ぜんぜん匂いがわからなかった。

でも、グレフルだけこんなに売れ残ってる理由考えたら、アップルのほうが人気なんだと思った。

グレフルが売れすぎて納品されてきたばかり、って可能性も考えたけど、奥に並んでたグレフルに埃がついてたの見て、これは売れ残ってると思ったから。

 

そしたらアップルは結構いい匂いだったから、これでよかったと思う。

だけど、思ったより匂いがしつこく残る。

腕にちょっと鼻近づけただけでアップルの匂いがするぐらい、結構香料が強い。

お店では使えないと思った。

やっぱり無香料が売り切れてたの、わかる気がした。

これだけ暑いと、いい匂いでもぷんぷん匂ってるってだけで暑苦しい。

 

 

 

 

友達がこれくれた。

ベアコレは違うおまじないのやつ持ってるけど、「セレブになれる」が一番最強かもしれない。

愛とか夢とかほかのいろいろなお願いって、「セレブになる」ってことでだいたい叶いそうだから。

村上春樹と会える可能性だって、セレブになったらすごいあると思うし。

村上春樹とセレブパーティで会って、

「失礼ですが貴女はアホでらっしゃいますね」

って言われるセレブになりたい(^_^)

 

だからもらったベアコレ、カバンにつけた(^_^)

 

 

進撃の巨人(11)特装版 (プレミアムKC)

進撃の巨人(11)特装版 (プレミアムKC)

 

これも予約してたからちゃんと買った。

 シール本のほう。

 

でもエレンとミカサとリヴァイのシールが中心でちょっとがっかり。

巨人のいろいろなシールだとよかったのにー。

女型とか奇行種のシールを携帯に貼りたかったのにー。

 

弟がサシャの欲しがったから、それはあげた。

 

読もうと思ったけど、次が出るの12月って書いてたから、すぐ読むのがもったいなくなってまだ読んでない。

ぜったい汚さないでぜったい返して内容も言わないで、ってすごい約束させて先に弟に貸した。

 

 

この前買った、「ここは退屈迎えに来て」は、表紙のカバーも、それはがした中の表紙もすごい綺麗で、表紙が見えるように本棚に置いてる。

綺麗な本って、それだけで価値あると思う。

綺麗な装丁の本、買うの好き。

それだけで嬉しくなる。

でも単行本は高すぎて、簡単に買えないけど。

 

短歌入門の文庫は、いつもカバンに入れて持ち歩いてるから、表紙が結構ぼろぼろになってきた。

覚えておきたいところは、直接マーカーペンで色つけてる。

ずっと持ってるつもりの本だから、直接書き込みしちゃってる。

 

持ち歩く文庫にちゃんとカバーかけるほうがいーかも、って、この前、本屋で売ってた布のカバー見たけど、1000円以上もして買えなかった。

でも欲しいデザインのがいろいろあった。

持ち歩くんだから、ちゃんと気に入ったカバーにしたいと思って、今度のお給料で買うことにした。

 

 

ブックオフで、この前教えてもらった穂村弘って歌人の、この文庫も見つけたから買った。

定価は667円だけど、ブックオフでも400円もする古本セレブだった(;_;)

穂村さんとほかの歌人とかが、いろんな人たちの短歌をとりあげて対談で評価してる本。

 

私かて声かけられた事あるねんで(気色悪い人やったけど)

 

こういう短歌もあって、詠み方がすごい自由で面白い。

 

私が持ち歩いてる短歌入門で、歌の言葉の選び方をちゃんと感覚で身につけて、穂村さんたちみたいにすごい自由に詠む、っていうのをやっていきたいと思った。

 

図書館に行くと、いろんな歌集がありそう。

ほしい本ぜんぶ買えないから、これから図書館も利用しようと思った。