読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひきこもり女子いろいろえっち

20代ひきこもり系非正規女子のつまんないぼやき。とてもダメな人が書いてます。

男より話がわかる虫

トンボ飛ぶ 場所が悪いよ 店の中 遠くの街灯 捨てトンボする

 

店の中に大きなトンボが入ってきて、ぷいんぷいん飛び回ってた。

それでブルータス発狂。

 

「あれ、取るまでここにいる」

って、揚げ物するバックルームにドア閉めてひきこもってた。

その分の時給、ひかれればいーのに。

 

トンボなんてほっといていーじゃん、と思ったから、さぼってるブルータスもほっといた。

でも、女のお客さんが、飛び回ってるトンボを怖がったから、しょうがないから取った。

 

虫取り網もって、お店中追いかけて捕獲。

「殺せ」

ってブルータスがゴキブリの殺虫剤渡してきたけど、トンボは殺す必要ないと思った。

だから外の駐車場に連れ出して、網を振ってそこで逃がした。

 

でも、少したってから、またお客がドアあけた時に一緒に入ってきた。

またブルータスが発狂した。

 

明るいとこに来るんだからしょうがないじゃん、と思ったけど、お客さんも怖がる人がまたいるかもしれないから、また取った。

それでこんどは駐車場の一番端の街灯のとこに放した。

 

そこは明るいから大丈夫、って思ったけど、また少したったらいつのまに店の中に入り込んできた。

私はもう休憩だったから、ゴハン食べてた。

でもブルータスが、お客もいない店の中でひとりで発狂してたから、しょーがないからまた捕まえに出てった。

 

「ブルータスが外に出ていきなよ。トンボよりうるさいから」

って言ったら、

「ミカサが外で懐中電灯持って、虫集めて遠くに連れてけよ」

って言い返してきた。

ハーメルンの笛吹き男みたいだね」

って言ったら、

「ブーメラン?ブーメランで戻してくんなよ」

って、わけわかんないこと言い返してきた。

 

それでトンボをまた捕まえて、ほんとは駐車場から出ちゃいけない規則だけど、もっと遠い橋のとこの街灯まで連れてった。

「こんどはあっちに行きなよ」

って、うちと反対側のほうのなにかの看板の灯りを指さして、それで帰ってきた。

 

「捨ててきた?ちゃんと捨ててきた?」

って、お店に戻ったらうるさく聞かれたから、

「あっちに行きなよってちゃんと言い聞かせといたから」

って言ったら、

「虫に話が通じるかよ。バカじゃねーの?」

ってバカにしてきた。

「話が通じなかったら、また戻ってくるよ。そしたらもう私、知らないから」

って言って、ゴハンに戻った。

 

トンボはもう戻ってこなかったから、話が通じたんだと思う。

トンボのほうがブルータスより素直。