読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひきこもり女子いろいろえっち

20代ひきこもり系非正規女子のつまんないぼやき。とてもダメな人が書いてます。

表向き、私は5人ぐらいいて交替で働いてることになってる

ブログ書く暇なんてなかった。

寝る時間もちゃんとなかったぐらい。

 

土日、1日何回もシフトに入れられてた。

前から1日に2回ぐらい入れられる時はしょっちゅうだったけど、3回とか4回とか考えられない。

 

24時間営業店だから、土曜は夜勤もやって(その前のシフトも入ってた)、そのまま継続で日曜のお昼まで帰れなくて、一度帰って夕方からまた月曜の朝9時まで働かされた。

 

シフト表に私の名前ばかり書かれてるから、新人が、同じ苗字の人が二人いると思ってたって。

 

ものすっごい美人の主婦パートのクラリスさん(仮名)から、

「ミカサちゃんのシフト、労働基準法違反だよね」

って言われた。

「そうです」

って、私もそれ知ってることを答えた。

でも法律って知ってるだけじゃ意味ないから。

 

会社の勤怠表はコンピュータ管理だけど、私の勤怠表は手書きになってる。

それを会社が労働法にひっかからないようにうまくコンピュータに入力してるんだと思う。

残業代も発生させないように。

 

時給は深夜帯が一番高い。

(何か担当がある人は、一般時給+20円)

だから夜勤で8時間労働したあと、続けて早朝勤をさせられると、9時間目から早朝帯の時給に下がる。

朝勤と昼勤と夕勤は条例で決まってる最低賃金ギリギリの時給。

だから更に続けて残業するともっと時給が下がる。

 

残業分の方が時給が低いって考えられないけど、考えても無駄だから考えないでおいてる。

 

クラリスさんは1日ちょっとしか働かないパートさんだけど、ある資格をもってるので、私より時給が150円ぐらい高い。

「ミカサちゃんも時給もっとあげてもらいな。その資格あるよ」

って言ってくれたことあったから、店長に、

「1日2回シフト入ってもいいから、時給もうちょっとあげてください」

って言ってみた。

そしたら、

「うちの時給は固定。昇給ないから。これ、店の規定だから」

…だって。

「10円ぐらいもダメですか」

って言ったけど、

「ダメ」

…で交渉終わった。

 

「じゃあ、1日に入るシフトは1回だけにしてください」

って言ったら、

「ムリ」

…で第二次交渉終了。

 

去年より会社の売り上げがあがってるのは知ってる。

だからその分、仕事がものすごく忙しくなった。

 

でも時給あがらないし、お正月のお年玉ボーナス以外は特別ボーナスや金一封なんてぜったいない。

昨日はさすがにシフトが地獄だったんで、店長がガリガリ君おごってくれた。

1本だけ。

隣のケースにハーゲンとかあるのに、ガリガリ君

梨とソーダとどっちの味がいい?

って、一応好みは聞かれた。

ガリガリ君とハーゲンとどっちがいい?

じゃなくて。

 

日曜にシフト表見たら、次の週末も私のシフトは今週のコピーみたいだった。

組む相手が違うだけ。

 

うちのアベノミクスはガリガリミクス。

というか、ワタミクス。

 

来週のアベノミクスはアイス高期待。

ガリガリ君じゃなく、ぜったいハーゲンの抹茶トリュフ。